将来を考える

 

旅も後半に入り、ギリシャへ。

アテネは、プラハブダペストに比べると暖かく、少し風が吹いていて心地よい。

それでも、気温差で身体が1日もたなかった。

f:id:satomioya:20180402060645j:plain

 

ギリシャっていっぱい遺跡残っててすごいなぁ...と感動していた。

ローマ帝国時代の遺跡もあって、ひたすらわくわくしてた。ごはん食べるのを忘れるぐらい。

 

 

ところで、一人旅してると、ほんとに一人だから考え事しがちになる。

もちろん、おいしいご飯食べたり、素敵な景色を見たり、歴史を感じたり、冒険したり、考え事をしてる暇がないときはあるし、日本やサウサンプトンと違って危ない場所もたくさんあるので、あまりほかのことを考えないように意識して、警戒しながら行動する。

でも、ふとした瞬間、いろいろ考えてしまう。特に卒業後のことを。

 

旅先でもTwitter, Facebook, LINEなど、ソーシャルメディアとコミュニケーションツールは手放せない。

そのような状況で、おそらく、日本にいる友達(高校の同級生など)が大学を卒業して就職・院進することや、イギリスの大学にいる人がコツコツとロンドンでの就活イベントのために準備してることを、ソーシャルメディアを通して知っているのが影響として大きい。

単に「(日本の)桜が綺麗🌸」じゃ、私そこまで卒業後のこと考え込むことないはず。笑 日本に対するホームシックは十分あり得そうだが、桜が咲く前からすでに始まってる...笑

 

自分のこと云々の前に、もちろん日本の友達が新たなライフステージに移ることはとてもおめでたいと思っているし、心から応援もしてる。私よりも一足先に卒業して、ちょっとさみしい気持ちもあるけれど、みんなこれから大変なんだもんね...少しでもより多くの良いこと・楽しいことがありますように。

 

そんな思いと同時に、私は卒業後どうするんだっけと自分に向かって問いかける。

卒論を書き上げてからだ、そんな問いが出てきたのは。

 

時系列で追えば、まず夏休みだ。親友に会う、新しく住むところを探す、卒業式に出る、できれば東アジアと東南アジアを旅行して現地の友達に会う。そして10月には就職だ。

 

昨年12月に、今年の10月から所属する場所は決めた。自分が好きなこと・得意なこと・目指したいこと・組織や人との直感的な相性から、ここがフィットしそうだな、と思って、オファーにYesと答えた。

今でもその決断は納得しているし、10月からそこで働くんだ、という意識はある。

でも、そこに永遠にいる自分は想像できないし、かといってそこを去った後の自分も想像できない。友達が大学教授になりたい、経営者になりたいと言っているそばで。たとえ、彼らの考えるものがふわふわしたもので、夢みたいなことだったとしても、私はそういうでっかい何かがない。

 

一方で、10月に入る組織と関係のない、小さな細々としたやりたいことが、まとまりもなく、ランダムに浮かび上がってくる。学問であったり、マイクロビジネスであったり、not-for-profitの活動であったり。

どれも今すぐ手をつけないと関心が薄れて忘れてしまう、という焦りがある。飽き性だから本当にどれも賞味期限が短い。笑 消費期限で表すのが正しいものもある。とにかく、やりたいことをやれずに風化させてしまうのがいやなのだ。

ただし、手をつけたからにはある程度の期間はコミットしないといけないという縛りもまた苦しい。その縛りが正しいかわからないけれど、おそらくイギリスの1年の修士課程に入ったら、最初に出した修論プロポーザルの内容と半年後にやりたいものが完全に違う。なんらかのビジネスを始めても、すぐ他の全く違うビジネスや、もはや研究テーマについて考え出し、もともとの企画を中途半端にしてしまう気がする。

これでは、まともな論文も書けないし、きちんと収入も得られない。

 

そんなふうにぐちゃぐちゃ考えてしまう。

こんな私はどうやってオファーをとれたのだろう。笑 (いや、何が決め手だったのかはフィードバックから知ってるけど...)

 

でも、10月からの仕事もやってみないとわからないし、何か素敵な出会いがそこで生まれるかもしれないし、とりあえず決めたことに身を委ねるというのも選択肢の一つかなと思う。友達がそう言ってくれた。

 

それから、アメリカで学部を終えてOPTをやってる友達にこんな話をしたら、「それって強みだと思うから、活かせるところが見つかるといいね」と言ってもらえた。

もちろん努力はするけど、最後は運というか縁だから、見つかりますようにとひたすら願う。

こうやってブログに書きながら自分の思考を整理してたけど、悪いことばっかじゃないよなと最終的には思ってる。

 

でも、何かもやもやが残る。

おそらく、やりたいことを取捨選択する前に風化させてしまうのが許せないんだろうな。もちろん全部できないし、どれかを選んでどれかを捨てなきゃいけないのはわかってるんだけど...

難しいなぁ。どこにいても、最終的には専門性を持たないといけない気がするし、generalistでも範囲はそれなりにもってないといけないし。思い込みかもしれないけど...

 

誰かと話したいなぁ。

 

これからも悩み続けるけど、まずは卒業を第一に、抱えてるプロジェクトはコンプリートさせる!