夏の振り返り

明日、イギリスに戻ります!

あっという間の3ヶ月強でした。

ちょっと就活フェア行って、二つインターンをやっていたら、もう9月20日。

前が就活フェア行ってみたよって話でした。

このころは、将来ソーシャルビジネスやりたいけど、コンサルティングもメーカーのロジスティックスも興味ある、いや何がしたいのかわかんない〜っていう状態でした。

そんなとき、ソーシャルビジネスでこれから伸びそうなベンチャーと出会い、インターンとして受け入れてもらえることに。

たくさん鍛えてもらいました。受付・電話・社長秘書・マーケティング・セールス・企画・資金調達・広報・人事など、多くの業務に携わりました。

泣きたくなるような辛いときもあったけど、たくさんのことをさせてもらえて、自分からも行動させてもらえて、結果的に良かったと思いました。

一方で、メーカーのインターンも経験でき、そこでは採用戦略をたてるグループワークをしました。内容がメーカーっぽくないのが逆に面白かったし、変わったメーカーなので、採用の前提となる経営戦略を考えるのも楽しかったです。

 

前者のインターンの最終日に社長への報告会があったのですが、まとめるのが難しく、うまく伝えられなかったという心残りがあります。

そして今、両方のインターンが終わってから少し時間がたったのですが、振り返ってみると、いろんな発見があります。

①どんな組織が好きなのか

ポジションに関係なく、みんながリスペクトされて、決まりごとにはみんなが納得する理由を持たせる組織。新しいチャレンジを積極的に受け入れてくれる組織。

 

②どんな自分になりたいか

今は1→10だから、1→100ができる人。すでにあるものに手を加えて、膨らませる。データ分析して、自分の知恵や経験を使って、そこから何かを生み出したり、効率化したり。自分の価値をもっと提供できる人になりたい。

③どんなことをしたいか

人としごとの関係を良くすること、人が楽しくしごとをできる環境づくりをすること、人がしごとにスムーズにフェードインできるようなサポートをすること。人と組織の関係、居心地の良い組織作りとも言えます。すごく曖昧だけど、労働・教育・組織といった分野に携わりたいと思っています。

④得意・不得意

得意なのは、伝統や「今までやってきたから」というのを一旦考えずに、今・これからのために提案すること。

不得意なのは、インプットしたあとにアウトプットがすぐできないこと。例えば、一本記事を読んで、感想をつけるのが苦手。人の意見聞いてすぐに自分の意見が出せない。

⑤好き・嫌い

好きなことは、何かを伝えるツールを作ること。インターンで言うと、営業用の資料づくりが結構好きでした。それから、調べること・進んで読み聞きすること。つまり、知的好奇心を満たすこと。

嫌いなことは、理由のないルールや意味が不明瞭な労働時間。

 

あー、やっとすっきりした。

まだ就職活動の道のりは長いけど、いろいろと見えてきました。

 

私の場合、インターンという経験を通して自分についてわかることが多く、やってみて良かったと思いましたが、決して「インターン行った方がいいよ!」と言ってるわけではないです。

それに自分一人の力でここまでの分析ができたわけじゃなくて、インターンやそのほかを通して、いろんな人に会って「あなたは〜だね」って言ってもらえる機会が多くあり、「ああ、言われてみれば...」と過去を振り返ると「自分って〜なんだ」って気づくわけです。

 

さて、これからですが。

勉学に集中しつつ、将来の準備もしようと思っています。

かつ、最後の一年は悔いが残らないよう、やりたいことはやるようにしようと思っていて、興味あるイベントには出るようにしようと思います。

さきほど、さっそくスタートアップ系のイベントに応募したら、次インタビューあるよってメールが来て、一気に不安になりました。英語のインタビューは苦手です...笑