海に思いを馳せて

自分のテーマ/モットーを模索中 from Southampton

2年前の渡英を控えた私へ

9月3日でサウサンプトンに来て2年目を迎える。

もう半分が過ぎるのかと思うと、早かったような。

 

先日、mamikoちゃんにインタビューしてもらって、そして自分のプライドや優越感、意識高い系のことについて考えてみて、二年前の自分に伝えたいことってなんだろうって思った。

 

satomioya.hatenablog.com

 

 

satomioya.hatenablog.com

 

 

satomioya.hatenablog.com

 

 

satomioya.hatenablog.com

 

2年前の私へ

渡英する前に下記のことを頭の中にとどめといてほしい。

 

まず、ただがむしゃらに頑張るというよりは、効率よくすることが大事だし、結果が出なきゃ意味ない。

たとえば、たとえどんなに努力したとしても、ファウンデーションコース・学部で一点でも基準より低ければ落第。追試はあるが、あくまで追試であり、一切のごまかしや甘えなんてきかない。誰も努力した過程なんて見てくれない。チューターは励ましの声しかかけてくれない。見るのは結果だけだ。

ソサエティの役職だって、ボランティアだって、バイトだって、数字という結果がモノを言う。何年、何人、何ポンド...何をなしとげたのか。たんにやってましたじゃ意味ない。それじゃ、クズだったのか、優秀だったのかわかんない。

勉強だって、ただやれば点数がとれるわけじゃない。そして、セメスター1にとった戦略がセメスター2で通用するとは限らない。その教科内容、自分の得手不得手に合わせて、効率よくやらねばならないのだ。

頑張った自分に酔うな。頑張った自分じゃなくて、結果を出した自分にちょっとだけ酔え。

 

そして、社会学以外に、本をたくさん読み、映画をたくさん見ること。現代の社会・世界について知ろうとすること。また、歴史も文化も。

ついこないだまで、全然できてなかった私が二年前の私に言う資格あんのかって感じだけど、後悔してることだから言う!

何かを読んだ時、見た時に「なるほど」で終わらせない。なんで「なるほど」って思ったのか?感想をどこかに書き留めておくこと。日記でも読書メータでも、ブログでも。

先輩から、知識は力やで、と教わった。

 

それから、モノを大切にし、モノで溢れる生活にならないこと。

ほんと難しいけど、身を軽くすること、スペースがあることって大事だなと思った。それだけもっと動けるから。身体に優しい。お財布にも優しい。笑 しかし、経済には優しくないかもしれない。笑

 

さらに、ノートはよく考えてから捨てること。

試験前にエッセーを書いた時の文献ノートがなくてとても大変だった...ってだけのことだけど、文献に関するメモは簡単に捨てちゃダメだと反省した。同じ社会学、テーマは違っても、どこかでつながってるから役立つ。ノートがかさばるなら、せめてラップトップにデータで残す。

 

あと、 他人の言うことなんかあんまり気にしないこと。

批判を受け止めるのは大事だけれど、あまりにも他人が言うこと気にしてたら、頭が熱くなって頭痛になる。

あ、ビジネススクールのやつに「社会学とか就職でなんの役にたつんだよ」と言われたら、「MBAで授業もろくに出ずに一ヶ月以内で卒論書いた人知ってるけど、MBAってそんなに簡単なんですか」って聞いてやれ。(冗談)

特に今の私だから言うけれど、あなたはマインドリーダーにはなれない。そんなことができるのは「地球へ...」のミュウぐらいだ()だから、「それぐらい察してよ」とか「それぐらい自分で考えて判断してよ」って言われたら、「お前、私がミュウだと思ってんのか」って返してやれ。(冗談)

でも、なんだかんだ先輩の意見は大事。自分で判断しつつ、意味ないと思ったらハイハイと聞き流せばいい。

 

つづいて、変なプライドを持たないこと。

正規留学生だからなんだ。結果がないと意味ない。正規留学生という肩書きがあるのは、あなたの実力ではない。自分の力で成し遂げたことをもってこそのプライド。あと、四年頑張ったとしてもあなたの英語は絶対ネイティブレベルになれないので、英語力にプライドもくそもない。

 

最後に、ネイティブかどうかなんて気にしたってしょうがない。

大学では、ビザと学費の話以外で、誰も自分がネイティブかどうか見てない。まず、非ネイティブの存在なんて珍しくないから。ファウンデーションは非ネイティブしかいないし、学部入ってもネイティブだからといって特別扱いなんてないし、みんな同じ土俵に立ってる。学外のインターンシップとかは別だけど、学内のポジションのアプリケーションは平等に見られてる。英語がネイティブレベルかどうかじゃなくて、内面を磨いて実力をつけること。コースもソサエティも、相手が誰であろうと、喋っててイライラするレベルの英語じゃなければ、人と仲良くなれるかどうかはその人と自分の性格次第、ウマが合うかどうか。あと、友達がネイティブかどうか気にするのも馬鹿らしい。国籍なんかより、性格とかウマが合うかを大事にした方がいい。

 

Anyway, good luck and I really hope you have meaningful four years.

 

Year 2になる私より