海に思いを馳せて

自分のテーマ/モットーを模索中 from Southampton

意識高いって何だ

意識高い

 

私の年代だとよく耳にする言葉だと思う。

高校生〜大学生に多い。でも、主に大学生かな。

 

朝井リョウの「何者」という本を読んだことはあるだろうか?

 

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 

 就活をする大学生を描いた小説。

意識高い系」を含め、いろんなタイプの学生が描かれてるので、気になる方はぜひ読んでみてほしい。

 

その本はさておき。

 

私自身の経験から、意識高い系には時にネガティブな意味合いが含まれているように思う。ときに、最後に(笑)がつくからだ。嘲笑すべき、もしくは揶揄すべき対象ということなのか?

 

あくまで私から見た、意識高い系と揶揄される人たちにはいくつかの特徴みたいなものがあるように感じる。

 

まず、課外活動に熱心であること。

ボランティア、サークルや部活動、学生団体の活動、インターンシップ、起業など。

サークルや部活動でも、よくあるスポーツや芸術活動ではなく、ちょっと変わったものだったり、難しそうなものだったり。

あとは、留学や海外での活動も意識高い系に入ってそうだ。

 

そして、その課外活動に熱心であることをSNSなどを使って発信していること。

 

それから、SNSで社会問題や政治に関して「〜するべき」と発言したり、ビジネスやライフスタイルなどについて自分の意見を発信したり。

海外に留学経験のある人だと、日本と留学先を比較して、いろいろ物申すこともあるだろう。

 

(こうして考えると、私ってすごく当てはまるな...笑)

 

 

一度、朝日新聞で下記のような記事を読んだ。

www.asahi.com

 

親に「あんたの周りでも意識高い系とか言ったりする人いるの?」と聞かれた。

「なんでこうやって努力してる人をけなすんだろうね」と父親がこぼした。

「俺が学生の頃は真面目に頑張っている人をけなす風潮なんてなかった」と言う。

 

父親の時代の風潮がどうだったのかはさておき、「真面目に頑張っている人をけなす風潮」という言葉でとある教科書の一文を思い出した。

 

「真面目に頑張っている人をからかってはいけません」

小学校の道徳の教科書の一文である。

 

意識高い系だと揶揄したり嘲笑したりするのって、これと同じなのかなと思った。

 

たしかに、そうやって頑張ってる人で、空回りというか、実は論理的に考えられていなかったり、人の受け売りにすぎなかったり、空っぽの自分をかっこいい言葉で埋めようとしてたりする人はいると思う。

頑張ってるかどうか別にして、私なんかがそうだし。そういう人を批判するのはわからんでもない。。。

 

ただ、頑張ってる人をけなすのはなんでだろう。なぜ素直に応援できないのか?

自分が頑張れていないから?嫉妬のようなものなんだろうか。

 

私も一時期そういう人を馬鹿にしていたことがあると思う。

いろんな活動に精を出している友達がいて、いつもFBにいろいろ投稿をしているんだけど、その日その日をなんとなくで生きている私に比べると、彼らは一生懸命頑張っていて輝いてる。それがまぶしくて、自分が何も頑張れていないことに落ち込む。そのせいか、彼らに対して共感がもてなくて、いいねを押す気にはなれない。「こんなことやってて意味あるの?」「あちこちに手を出しすぎじゃないの?」「学生なんだからそんなことやってないで勉強すればいいのに」...など、彼らが馬鹿みたいだと思っていた。

 

しかし、自分も似たようなもんだと気付いた。自分のFacebooktwitterを見れば一目瞭然だ。だから、私に彼らを馬鹿にする資格はますますないと思った。まだ、素直になれない部分もあって頑張れと言えないこともあるが、自分にインスピレーションをくれたり、自分も頑張ろうと思えるものにはいいねを押している。

 

そういえば、留学を控えた頃だったか、1回目の一時帰国の頃だったか忘れたけど、高校の同級生に「さとみはほんと意識高いよなー」と言われた。彼女は褒め言葉のつもりで言ったと思う。そう思いたい。(笑)誰かにとって私がインスピレーションやモチベーションを与えられる人間であるのなら、嬉しいことこの上ないんだけど...そんな自信はない。(笑)

 

一方、最近FBで「意識高い系」をよくない意味合いで使っている友達の投稿を見た。

その人は、近況報告として最近始めたサークル活動か何かについて書いていた。そのサークルはあんまり意識高い系じゃないから居心地がいいとかなんとか。

 

意識高い系」だと後ろ指を指されるのに恐れている人はそれなりにいると思う。私もそうだったから、意識高い系に見えないようにふるまっていた。でも、最近は「意識高い系で結構!」と思えるようになってきた。だから、こんな記事を書いている。(笑)

 

そんなこんなで頑張る人を応援する社会であれたらいいのになと思う。

 

イギリスにいて、こういう空気にはなったことがないように感じるので、日本独特なのかな。課外活動のことを話したら、たいてい友達は「(意識高くて)すごいねー」って言うよりかは「どんなことしてるん?」って聞いてくれたり、「ええやん」って褒めてくれたりする。まぁ、裏で何を思ってるのか話してるのか知らんけどね...