海に思いを馳せて

自分のテーマ/モットーを模索中 from Southampton

Madrid & Burgos -Spain-

やっと、試験が終わった。やっとと言っても、8,9日間ぐらいで、去年度の試験や友達の試験に比べたらずっと短かった。

 

 

そういや、11月末からブログを更新していないみたいなので、冬休みの話からしようかな。

まず、冬休みは初日からスペインのマドリードとブルゴスへ。

今回の旅は、初めて一人で行くことに。本当は現地で友人に会って、半分以上は彼女たちと行動してたのであまり一人の気分ではなかったけど。

パリでのテロ事件があったことと、もともとの治安から、親や周りの方々にはすっごい心配をかけたのだけど、トラブルもなくなんとか無事に旅を終えて帰ってこれた。

この旅行はほんとうに楽しかった。友達はマドリードとブルゴスで就職したイギリス人なのだけど、私が「スペイン文化」を満喫できるようにといろいろと考えてくれた。

まず、プラド美術館で待ち合わせして、それからあちこちのごはん屋さん(というかパブ)に行って、ちょっとずつ飲んで食べて。

ところどころでイルミネーションを見たり、クリスマスマーケットをのぞいたり。

 

f:id:satomioya:20160120075415j:plain

ピンチョという前菜。いろんなバリエーションがあって、これはクリームチーズとツナがバケットにのってるもの。

 

f:id:satomioya:20160120075607j:plain

 

箱型のイルミネーションがすごく可愛らしかった。マーケットもイギリスとまた少し違って良い感じ。Nuitivity goodsが多かったな。キリスト教色が強いのかな。

f:id:satomioya:20160120075907j:plain

これもまたピンチョ。スペインのハムってすっごく美味しいの。たぶんお酒とよく合うと思う。買って帰りたかったな〜ってぐらい。次行ったときまた食べたい。

 

f:id:satomioya:20160120075435j:plain

これはソルっていう広場のツリーのイルミネーション。ほんとここは人でごった返してて、一人で行動するには怖すぎる。右下にいるミニオンやら、ほかのキャラクターの着ぐるみがたくさんいた(もちろんアンオフィシャルで作った感が満載だった。)。ここは、ロケみつっていう番組でも、桜稲垣早希ちゃんがマドリードに来た際に訪れていて、この景色を見たときに見覚えがあるなーと思った。ちなみに、このツリーは電気がついてないときすっごいダサい(というか醜い)と友達が言っていた。

 

f:id:satomioya:20160120081311j:plain

これは、ポテトにちょっと辛いソースがかかったもの。これもまた美味しかった。そして、「ああ、ここもじゃがいもの国か...」と思ってしまった。

 

 

あとは、ソフィア王妃芸術センターにピカソゲルニカを見に行ったり、マーケットをぶらぶらしたり。

 

f:id:satomioya:20160120081733j:plain

日曜日にやってるマーケット。素敵なアクセサリーやお洋服などが売られていたけど、荷物になるので私は見るだけ。同行した友人はクリスマスプレゼントをここで買ってた。(ちょうどクリスマスの前だった)

 

f:id:satomioya:20160120082001j:plain

これはプラド美術館の近くのビル。緑のカーテンが美しい。

 

f:id:satomioya:20160120082121j:plain

遅めの朝ご飯をカフェで。左のはホットチョコレート。めっちゃ濃かった。濃いのが普通だとか。

 

マドリードはこれぐらいで、残り半分の滞在はブルゴスで。

 

f:id:satomioya:20160120085234j:plain

ほんとに素敵な街だった。規模はそんなに大きくないけれど、いろいろ見る場所があって、あちこち歩き回った。これは、丘の上から街を見下ろしたときに撮った写真。

丘には、お城があるんだけど、訪れた日はずっと閉まってた。

 

f:id:satomioya:20160120102722j:plain

街の名所はやっぱり大聖堂。ここの大聖堂はすっごく大きいの。今までヨーロッパ旅行したときに見た中でも大きい方だった。しかも、私の好きなゴシック様式。この繊細な感じが好き。ゴシック様式はドイツやイタリアにもあるけど、スペインのもすてき。

 

f:id:satomioya:20160120103450j:plain

 

夜のクリスマスマーケットとともに。クリスマスなので、nuitivity(キリストの生誕のシーン)が再現されている。(写真右下あたり)

 

f:id:satomioya:20160123001735j:plain

 

これはブルゴスの郷土料理。ブラックプディング。血のソーセージ、お米、玉ねぎ。友達が材料を言い当ててみて、というので必死に考えて、だいぶ時間がかかりましたが、rice, onion, and bloodという答えに至りました。笑 とても美味しかった!

 

f:id:satomioya:20160123002526j:plain

これはピンチョ。これは豚肉と玉ねぎと卵がのったもの。ここのピンチョはなぜかマドリードで食べたのよりごっつでかい。すごく美味しかったけど、すぐお腹いっぱいになった。

ちなみにこのふた品は、ブルゴスのレストランの中、トリップアドバイザーで上位(1位〜2位)のレストランで食べた。

www.tripadvisor.co.uk

お値段は覚えていないけど、とってもリーズナブルだし、地元民しかいなくて、雰囲気は最高だった。

 

あと、教会やら歴史的建造物以外に、人類進化博物館というところにも行ってきた。

ブルゴスの近くにAtapercaという考古学的に有名な場所があって、そこで発掘したものなどを含め、人類の進化の歴史に関するものを展示している博物館。

Atapercaはユネスコ世界遺産に登録されているとか(参照

 

ブルゴスは、マドリードからバスで3〜4時間ぐらいかかるけれど、行く価値あり。(マドリードの空港からもバスで直で行ける。ちなみにALSAでバスのチケットが購入できる。)計画なしに歩き回っても楽しい。英語通じないところがちょくちょくあるけど、大都市より小さな街や田舎が好きなひとにはぜひすすめたい。

 

 

スペインに行ってみて感じたことは、今まで訪れたヨーロッパと全然雰囲気や人が違うなぁということ。独特の何かを感じる。たとえば、彼らの生活習慣。ごはんを食べる時間がイギリスとは全然違う。朝ごはんも昼ごはんも夕ご飯もずっと遅い。だから、私の友達の働く時間もイギリスで働いている一般の人とはまた違う。

 

あったりまえのことなんだけれど、ヨーロッパの中でも全然違う文化が存在してて、ヨーロッパってひとくくりにできないんだなぁと思った。

 

今度スペインを訪れる機会があれば、セビーリャ、バルセロナ、マルベッラに行ってみたい。またスペインの中でも違うんだろうな。