海に思いを馳せて

自分のテーマ/モットーを模索中 from Southampton

セミナーと反省

クリスマス休暇まで、あと2週間。

グループのプレゼンとクイズが残ってるけど、今までやったことをざっと振り返ると、これは今からテスト勉強しないと間に合わない!ってことで今学期の復習をぼちぼち。ノートまとめって意外と時間かかるし、特に疲れていたときの授業の分のノートを見るとひどい。笑 

まあそれはなんとかするとして。

 

今回は、自分のために書いておきたいことがある。

昨日(金曜)の5時からの人口学のセミナーでの出来事。

 

このセミナーはゆるくて、大抵の人がリーディングをやってこない。

でも、そんな彼らはリーディングやってこなくても、ガンガン喋る。

自分もリーディングを踏まえて意見するんだけど、それに対して切り返しが早くて圧倒される。

いつも少ししゃべって、あとはほかの人たちがしゃべって、最後にチューターが全部解説して終わり。

 

昨日のセミナーのテーマは "International migration to the UK"で、2チームに分かれてproとconでディベートをすることになった。

私のチームはproで、immigrationに賛成、immigrationはpositiveだという立場で議論しなければならなくて、その理由をチーム内のディスカッションであげていく。

もちろんネイティブがわーっと意見出していって(ていうかネイティブしかいない)、しかも準備してきてないのに面白い意見を出してくる。

私はそこで、いつものように、発言しないのはやばいという焦りで、隙を見つけて発言してみる。もちろん意見はちゃんと聞いてもらえるけど、返しが早いし一瞬のように自分の話が過ぎ去る感覚。

チューターが私たちのディスカッションをそばで聞いていて、「みんなBritish citizenなの?」って訊いてきた。(ちなみにチューターはアメリカ人)

そこで手をあげなかったのは私だけで、私に視線が集まった。チューターが「イギリスのimmigrationについてどう思う?」って訊いてきた。正直なところ、そのタイミングで何か質問されると思っていなくて、何を答えたらいいのかわからなかった。咄嗟に出てきたのは「日本は単一民族社会だからイギリスがユニークに感じる」、なんていうわけわかんなくてつまんないこと。あとから考えれば、恥ずかしい。

そしたら、隣の子が「じゃあ、イギリス人に対してどう思う?」って訊いてきた。

それに対し私は正直にポジティブな感想を述べた。自分の知ってるイギリス人は外国人に対しても親切で、レイシストではない、と。(日本人に比べるとずっと)外国人に慣れていて寛容な態度で、メディアだけが異常な嫌悪感を見せている、と。ただ、自分の知っているイギリスは小さな世界で、このような印象を持っているのは自分の行動範囲が大学に限られてるからなのかも、と。最後まで聞いてもらえたかどうかはわからない。

そんな私のつまらない意見で、話はそこまで盛り上がらず、最後に出た意見がみんなの中でとても面白かった。私の中のイギリス人のイメージというのが崩れた。

イギリスはもともと移民(アングロ=サクソン)が作った国だし、移民としてアメリカにも渡ったし、植民地支配でいろんな国の人やモノを奪ってきた。だから、移民がイギリスに来てイギリスから利益を得る(高い水準の生活・仕事など)のは構わないし、イギリスには移民を責める正当な理由がないのだと。(移民は経済効果が期待できるし、移民より白人のイギリス人の方が社会保障の問題の原因を作ってるし...などなど)

ロジックやアカデミック的には、めちゃくちゃな意見だけど、植民地支配について触れるとは思っていなくて驚いた。世代の違いなのか、意見を出した人自身のオリジナルの考え方なのか。非常に気になるところ。

 

しかし、そんなわくわくと同時に、自分について改めないといけないことに気づいた。

 

まず、質問に答えたときの自分の英語はひどかったし、ほんとに自分の思ってることを言えてたのだろうかと、あとから疑問に思うし、不安になる。

 

近頃、ほんとに英語が下手になっている。前より聴きとれなくなってるし、話すスピードは落ちたし、言葉が出ないことも多いし、自分の英語に関する全てがマイナスにしか感じられない。

 

それに、どの授業のセミナーでも一言・二言発言してやりきったと思って満足している自分にも嫌気がさす。リーディングをやっておけばいい、そこから派生した意見が言えればいいと安心しきっている自分に腹がたつ。

 

また、今回のセミナーで、咄嗟に何かを聞かれたときに、自分ならではの視点や意見を言えなかったのが悔しかった。自分は留学生だってこと、だからこそ求められる何かがあるかもしれないってこと、忘れてた。別に留学生かどうか関係なく、自分自身のアイデアや捉え方を大事にしなくちゃいけない。

 

もう2年目の半分近くまできてしまったけれど、まだ遅くないと信じる。諦めたらだめだ。気持ちを入れ替えなきゃ。

 

明日も朝から復習がんばる。

そして、この反省を今学期の社会学のセミナーに少しでも活かせられるように、準備を入念にする!

プレゼンのグループワークもちゃんと意見を言わねば!

 

おやすみなさい。