海に思いを馳せて

自分のテーマ/モットーを模索中 from Southampton

特技・趣味・好きなこと

自分の得意なこと・好きなことを早いうちに見つけてる人がずっとうらやましかった。

 

私は、「特技」「趣味」「好きなこと」を聞かれるとよく困った。

 

「特技」って言われると、スポーツとか、音楽とか、芸術とか、そういうのを連想した。ここに語学は入らない。私はどれも中途半端で、勉強や英語が得意だったので、小中高とずっと答えるのに苦労した。

大学に入ってからは、「人に比べたら得意かもしれない」と勝手に思ったことを無理やり答えた。たとえば、パブリックスピーキングやプレゼンテーションとか。あとで他人から「さとみん、それほんとは苦手なんじゃないの」ってつっこまれた。笑 

 

「趣味」は、自分の中で定義しづらい。趣味のイメージが、ずっと好きで続けてることで勉強や仕事以外のこと、ストレス発散につながること。勉強が好きだったし、勉強以外のことはコロコロ変わって続かなかったので、思いつかない。漫画が大好きだった時期もあれば、建築が大好きだったときもある。

一時的に語ってもいいなら、今は読書とフリースタイルラップバトルをYoutubeで見ること。本はいろいろ読むけど、ラップは呂布カルマR指定フリースタイルダンジョン、ニュースラップジャパンが最近のお気に入り。

ずっと変わってないことがあるとすれば、小学生の頃からずっとインターネットにのめり込んでる。ずっとブログやSNSをひたすらブラウズしてる。なんかこれを趣味と呼ぶのが変な感じで、違う気がする。SNSはみんなやってるし、何よりストレス発散になってる気がしない...笑

 

「好きなこと」って、趣味と何が違うんだw 旅行・食べること・ショッピング...かなぁ。それから、人の手伝いをすること。社会のために何か行動すること。あとは、やっぱり勉強!知識を吸収すること。今はそう言えるけど、昔は定義がわからなくて困ったものだ。

 

 

高校までは、なんとかごまかせた。

陸上部で短距離やってて、ちょっと海外研修参加してみたり、地元の国立大学の授業聴講してみたり、文化祭や行事の役員やったり。たまにはボランティアしたり。それで、自分の個性ができあがってるように見せてた。不都合な質問の答えは考えないようにしてた。

 

大学に入って、

日本人。社会学・社会政策専攻。特に最初の2年は日本人会以外何も入ってなかった。

「何が好きなの?趣味は?得意なことは?What's your unique fact?」

この質問つらかった。笑

「さとみって無趣味だよね」

すごくつらかった。笑

 

就職活動

「特技・趣味」の欄

"Damn, I'm tired of this! I'll just say public speaking for 特技 and reading books for 趣味 lol"

 

とにかく、つらかった。

 

 

けど、最近、趣味は変に考えて凝り固まらなくてもいいかなと思うようになった。

「いろんなことに興味が有るけど、今はラップを聞くことと読書だ」

これでいっかなーって。実際、定義に即してやいやい言ってくる人ってそんなにいない。私の思い込みだった。

(ちなみに、ラップは受けが良いです。読書はありきたりすぎ、かつ私の好みのジャンルや著者がはっきりしなさすぎて、おもしろくないみたいです。)

 

特技は今もよくわかんないけど、人前で話すことは、得意というより平気の方が正しい。もちろん緊張するけど、嫌ではない。ただ、声もそんなに出ないし、聴いてる人の顔を見て話せないし、得意とは言いづらい。

 

最近気づいた「得意なこと」ならある。好きなことでもあるんだけど。

それは、資料づくり。

 

夏のインターンで、資料づくりをいくつか任されたけど、私は結構楽しんでやっていたらしい。(らしいと書いたのは、他人の目線だから)

会社概要、営業、IRの資料。細かい内容はともかく、イラストや図、統計データを作ったり、レイアウトしたりするのは、苦ではなかった。

インターン先の社員には、「あなたはこういう仕事が好きなんだね」と言われた。

当たってると思う。おそらく与えられたほかの仕事に比べるともっと熱中してたし、さらに喜んで引き受けた。

 

気づいたら、インターンに限らず、そういうことを自らやってた。

Enactusのプロジェクトでプロダクションチームにいたときもそうだし、Social Enterpriseの授業のグループプレゼンテーションでもそう。気づけば、図や統計データの作成や資料レイアウトに取り掛かり、夢中になっていた。

(悪いところは、他人の作った資料もすごく気になること。必要な時以外は口に出さないようにしてるけど。もちろん良いと思ったら褒めまくる。)

 

好きでも得意とは限らないこともあるけど、これは得意なんじゃないかと最近思えてきた。

というのも、インターンで営業用資料も評価されたし、Enactusの資料もSocial Enterpriseの授業のプレゼンも受けがよかった。

あとは、とある企業で、「自分の大学生活での学びを一枚の資料にしてプレゼンする」というほぼ即興のタスクがあり、これも評価がかなり良かったのだ。

(どうしてもここは他人の尺度になってしまうが、自分の尺度だけで見てると凝り固まってしまうし、逆に他人の尺度だけで見ると振り回されるし。バランスが難しい。)

 

 

私は自分のことを知るのに、少々時間がかかってしまったけれど、それでも大学生のうちに少しでも多く気づくことができて良かったと思う。

 

決して近道はないんだけど、これがあったから、たどり着けたかもと思うものはある。

やっぱり、何でもやってみること。

可能であれば、学歴やステータスを取っ払った世界に身を置いてみること。

 

いろいろやってみた過去の自分には感謝してる。

そして、これからも続ける。

 

 

Moodnotesという素晴らしいアプリについて

 

satomioya.hatenablog.com

 

昨日書いた記事で紹介したアプリの説明が雑だったので

ちゃんと書きます!

 

f:id:satomioya:20171204053137j:plain

最初の画面

f:id:satomioya:20171204053216j:plain

上下スワイプで、ポジティブなときは上

f:id:satomioya:20171204053244j:plain

上下スワイプで、ネガティブなときは下

f:id:satomioya:20171204053259j:plain

何があったのか、簡単に記載します。




f:id:satomioya:20171204053332j:plain

当てはまる感情を表した言葉を選びます

f:id:satomioya:20171204053346j:plain

これはネガティブな感情のリスト

f:id:satomioya:20171204053203j:plain

複数選択でき、それぞれ%で度合いを表します

 

f:id:satomioya:20171204053421j:plain

ネガティブの時のバージョン

f:id:satomioya:20171204053405j:plain

ポジティブな時は、enrich entryで毎回違う質問に答えます(スキップ可能)

f:id:satomioya:20171204053434j:plain

一方、ネガティブな時はCheck a Thoughtで、どんなことを考えているかを記載します

f:id:satomioya:20171204053445j:plain

トラップにはまっていないか確認

スクショし忘れましたが、最後に、「ほかの考え方はないか?」という質問に答えます。


私は今日も使いました。

 

今日は、昨日と違って、頭痛がひどく、むっちゃ気が重たい日で、勉強はかどってません。気が重たい、くずれてしまいそう、そんな気持ちを記録しました。

一方、嬉しいこともあったので、忘れずに記録。卒論に希望の光が...ってやつ。

 

昨日は、家の外を20分ほど走ったのでそれも「できた!」という喜びを込めて記録。

 

 

では、まだ頭痛がするので、今日はゆっくり休みます。





精神的に辛くなった時は

 勉強の息抜きに書かせてください。

 

前にうつになった話を書いたかと思います。

 

satomioya.hatenablog.com

 

 

うつって簡単に克服できるものじゃなかった。

当たり前のことかもしれませんが。

 

あ、ちなみに今うつではありません。

この学期の初めの方(10月ぐらい)に、苦しんでました。

今は大丈夫です。

 

うつってほんとに辛いし、自分がそうであることを恥ずかしい、情けない、腹ただしい、極論許せないって思っちゃう。

焦るんですよね。行動は伴ってなくても。

 

でも、とりあえずそんな自分を受け入れるしかないのかなって思うんです。

 

でも、急に全部受け入れることって難しいから、ほんの些細なことからでいい。

今思ったこと・感じたことをそのまま受け入れる。

 

私は友達からあるアプリを紹介してもらいました。

Moodnotes | Thought Journal | Mood Diary | CBT App

自分の感情を記録するアプリです。

広告がない代わりに有料なのですが、払う価値は十分あるかと。そんなに高くないです。

感情を、顔のマーク、ボキャブラリー、詳細な記述で登録ができます。

私の場合は、つらいことがあっても、友達に話せなくても、これで誰かに話した気になれちゃう。

逆に何かがんばったときには、これを使って自分を褒める。

 

褒めるで思い出したけど、褒めるも大事。

完璧主義の人には難題なんだよね、これが。

私は、親友に「〜したよ!」って報告して、褒めてもらう。

人を頼れない時にはさっきのアプリを使う。

褒められることなんて、やってない!って思っちゃう人は...

twitter.com

るるてあさんのコウテイペンギンちゃんを見て、落ち着こう。

ふざけてるように聞こえるかもしれないけど、これには癒される!(真剣)

褒めてる内容がほんとにしょうもないことだと思うかもしれないけど、そういったしょうもないと思っている些細なことから褒めていかないと。

 

 

こうやって、自分で自分のこと認めてあげて、褒めてあげるんです。

10までできなかったかもしれないけれど、7でも5でも3でも1でもできたら、それを認めて評価してあげる。

 

そうやって、自分には正直でいること。

 

次に、できたら、人にも正直でいること。

みんな元気そうだし、何事もないように見えるけど

特に私の尊敬するEnactusの先輩方や先生も、いつも明るくて強く見えるんだけど

彼らだって心の内ではしんどい・辛いって感じてて、家に帰ったらふさぎこんでるかもよ?(実際そうだった)

だから、You are ok to be not ok. ちょっとぐらい、しんどい・辛いってこぼしてみてもいいんじゃない?

誰も責めないと思う。

責められたら、その人との関係は見直した方がいい。もしかしたら、その人も何か抱えてるかもしれないね。人に共感できない、同情できないぐらいに。って思うのがいいかも。

 

弱みを見せること、助けを求めることは悪いことじゃない。

できた方がもっと強い。

 

私は、薬もカウセンリングも使ったけど、自分・他人両方に正直になることがいちばん効果が高かった。

 

私は。

 

あくまでも私は。

 

いちばん、乗り越えられたというか、大丈夫だって確信できたのは、ちゃんとこの一通りの経験を見ず知らずの面接官に話せた時。

 

就活の話になるけれど、「今までで一番辛かったことって何ですか」って、ほんと多くの企業で聞かれる。正直うっとおしいぐらいに。

 

うつが解決できてないときは、言わない方がいいけれど、一応乗り越えられたなら、話したらいいと思う。

 

話すのには、勇気・度胸・落ち着き・客観的な視点・自尊心がいる。

話せたら、それが伴っているということ。

また褒めたらいいじゃん。

 

ちなみに私は、とある企業でそのことを話したら、「それは重要な経験だね。それを経験して今のしっかりとしたあなたがここにあるんだね。」と言ってもらえた。

ほかの企業でも、引かずに、変な顔や嫌そうな顔をせずに、「詳しく聞かせて」と、最後まで聞いてもらえた。

エントリーシートに書いても、落とされなかった。

 

また、あるグループ面接で一緒になった人が、自身が中学高校時代に引きこもりになり、どうやって乗り越えたかという話をしていた。そんな彼も、勇気があって、度胸もあり、落ち着いていて、客観的に話すことができていて、きっと自尊心もしっかりしているのだろうと思った。私たちの面接官は、そんな彼の話を興味津々に聞いていた。

 

意外と悪くないもんなんだと学んだ。

 

 

 

卒論からの院

最終学年になりまして。

卒論に取り組みつつ、卒業したら何しようかと真剣に考えなければならなくなりました。

 

卒論はほんとに楽しい。

イスラム教の価値観がソーシャルビジネスにどう影響を与えるのかということについて書こうと思っています。

私は社会学的視点(私の専攻が社会学なので)で書くつもりですが、実際この分野に取り組んでいる人は社会学者だけでなく、ビジネスや起業・イノベーションの研究者も取り組んでいます。

だから、これって学際的な分野なんですよね。

それで、文献探しのためにいろいろ論文をネットで漁っていたら、起業と宗教の関係性について扱っているものがいくつか見つかって、その中の一つがうちの大学の教授が書いたものでした。

友達がその先生を知っていたこともあって、コンタクトをとったらオフィスアワーに招待してくれ、30分ほどお話ししました。前回の記事にもわーっと書いたのですが、ほんとに楽しかったです。「面白いトピックだし、ここ数年この話題で論文書いてなかったけど、また戻りたいし、もしかしたらコラボできるかもね!」とおっしゃってくれた教授。他学部の学部生の話をここまで聞いてくれて、ほんとうに嬉しかったです。

 

satomioya.hatenablog.com

 

また、ビジネス学部にいる後輩が起業の勉強をしていて、彼女のとっている授業の先生がsocial entrepreneurshipに詳しいらしく、それもまたコンタクトをとってみると、その日のうちにお返事をくれ、マスターのsocial entrepreneurshipの授業に招待してくれました。それが明日!とっても楽しみ。

 

昨日も後輩と話していたのですが、マスターに行くかどうか。

ここ最近、私もマスターに行って今の卒論をグレードアップさせた論文を書きたいと思うようになりました。

だけれど、どこの大学で誰に指導教官になってもらって論文を書くのか。

ビジネス学部に変えるべき?今の学部は社会科学なのに変えられるのか?

そもそも、マスターやって何になるのか。

たとえ、割り切っても、お金は?

 

どれだけ考えても、お金の問題が自分の中で解決しませんでした。

マスターをやるなら、文献を見ている限りはアメリカかイギリスの大学が良いみたいです。

しかし、奨学金が出るようなトピックや専攻じゃないのと、たとえ奨学金がもらえて払う学費が減っても生活費が場所によってはかなりかかることが考えられます。

それに一人も日本人の著者を見ていない。ってことは、日本の大学ではほぼ無理です。

 

なので、一旦社会に出て数年働いて、そこでよく考えながら、どうしてもやりたければ戻ってこようと思います。働くことが院にとって大きくマイナスに働くことは、今のところ考えられません。一般企業もしくはソーシャルビジネスの会社で働けば、バックグラウンドの知識も身につきます。

職務経験持ちの院生は世の中にたくさんいますしね。

 

今まで院に興味がなかったのですが、お二人の先生と後輩のおかげでまた考え始めることができ、手段としての就職でちょっとモチベが上がった気が...します。

Office hour

It's been two weeks since the uni started again. 

I'm working on my dissertation and at the moment reading the literature relevant to my topic. My topic is the relationship between Islam and social enterprise.

While reading literature, I found some very interesting paper about entrepreneurship with religion and social class in India. And surprisingly, one of the authors was an associate professor in the department of business in my university.

Here are the links to the paper and the professor.

www.econstor.eu

Religion, social class, and entrepreneurial choice - ScienceDirect

www.southampton.ac.uk

 

I researched about him and emailed him. (Actually, one of my friends who had his lectures encouraged me to contact him.)

My question to him was whether there have been any changes in the topic since the paper was written. He replied to me very promptly and invited me to his office hour - today.

 

He was very nice.

We talked for about 30 min. Mainly, we talked about this secular society.

Our questions are "Is it really secular?" "Are religion and the God/superpower the same?""Why are some people religious? Why are they affiliated with a certain religion and why do they worship a kind of superpower?"

One of our hypotheses is that there is some tendency of feelings "we want to go back to the good old time" in religion as well as politics, economy and so forth. Scientific technologies and globalisations have made a great contribution to our life. We enjoy the benefits, however, some drawbacks hit us and make us feel "we want to go back or get back 'the good old time'." We face risks - the unwanted consequences of progress we made. We gradually forgot the superpower or meta-stories which supported us while the considerable progress was made.  But now no one is certainly right. No one is sure about what's going on. We now know we can know not everything and answer not every 'why'. So even though we forgot the superpower, now we need it now again to legitimate what's happening to us every day including what we can't rationally explain.  Maybe people still don't need religion (institutions) but the superpower.

 

It comes to the second hypothesis that religion and the superpower are connected, but not the same. Religion is an institution. It is a collection of briefs, rules, norms, practices, behaviours, people who have those briefs and norms and/or conduct the practices, the places and the network/communities in relation to the superpower. The superpower cannot be defined universally, but it has some characteristics. For example, maybe it is invisible for you but watches you. It may be the one who creates this world. It may know everything about this world including what's going to happen. It perhaps controls fate or future of everything. And it might know answers to all the questions and doubts you have...

 

Third, the final hypothesis is that some people believe in the superpower or get affiliated to a certain religion because they feel good. Good could mean being free from constraints in everyday life, relaxed, laid or comfortable. Then, this raises a question "What is the source of the good feeling?" The professor said it depends on subjects (people). In my opinion, we don't need to make choices or to feel frustrated about what we can't explain with the current knowledge available to us once we wish the superpower to make choices or answer questions and believe that it can do so for us. 

Well, it's not everything. Maybe we can feel loved and not alone if we believe in the superpower. So yes, I agree with the professor's idea. 

 

I know these are still hypothesis. I hope I could test them empirically sometime in the future.

夏の振り返り

明日、イギリスに戻ります!

あっという間の3ヶ月強でした。

ちょっと就活フェア行って、二つインターンをやっていたら、もう9月20日。

前が就活フェア行ってみたよって話でした。

このころは、将来ソーシャルビジネスやりたいけど、コンサルティングもメーカーのロジスティックスも興味ある、いや何がしたいのかわかんない〜っていう状態でした。

そんなとき、ソーシャルビジネスでこれから伸びそうなベンチャーと出会い、インターンとして受け入れてもらえることに。

たくさん鍛えてもらいました。受付・電話・社長秘書・マーケティング・セールス・企画・資金調達・広報・人事など、多くの業務に携わりました。

泣きたくなるような辛いときもあったけど、たくさんのことをさせてもらえて、自分からも行動させてもらえて、結果的に良かったと思いました。

一方で、メーカーのインターンも経験でき、そこでは採用戦略をたてるグループワークをしました。内容がメーカーっぽくないのが逆に面白かったし、変わったメーカーなので、採用の前提となる経営戦略を考えるのも楽しかったです。

 

前者のインターンの最終日に社長への報告会があったのですが、まとめるのが難しく、うまく伝えられなかったという心残りがあります。

そして今、両方のインターンが終わってから少し時間がたったのですが、振り返ってみると、いろんな発見があります。

①どんな組織が好きなのか

ポジションに関係なく、みんながリスペクトされて、決まりごとにはみんなが納得する理由を持たせる組織。新しいチャレンジを積極的に受け入れてくれる組織。

 

②どんな自分になりたいか

今は1→10だから、1→100ができる人。すでにあるものに手を加えて、膨らませる。データ分析して、自分の知恵や経験を使って、そこから何かを生み出したり、効率化したり。自分の価値をもっと提供できる人になりたい。

③どんなことをしたいか

人としごとの関係を良くすること、人が楽しくしごとをできる環境づくりをすること、人がしごとにスムーズにフェードインできるようなサポートをすること。人と組織の関係、居心地の良い組織作りとも言えます。すごく曖昧だけど、労働・教育・組織といった分野に携わりたいと思っています。

④得意・不得意

得意なのは、伝統や「今までやってきたから」というのを一旦考えずに、今・これからのために提案すること。

不得意なのは、インプットしたあとにアウトプットがすぐできないこと。例えば、一本記事を読んで、感想をつけるのが苦手。人の意見聞いてすぐに自分の意見が出せない。

⑤好き・嫌い

好きなことは、何かを伝えるツールを作ること。インターンで言うと、営業用の資料づくりが結構好きでした。それから、調べること・進んで読み聞きすること。つまり、知的好奇心を満たすこと。

嫌いなことは、理由のないルールや意味が不明瞭な労働時間。

 

あー、やっとすっきりした。

まだ就職活動の道のりは長いけど、いろいろと見えてきました。

 

私の場合、インターンという経験を通して自分についてわかることが多く、やってみて良かったと思いましたが、決して「インターン行った方がいいよ!」と言ってるわけではないです。

それに自分一人の力でここまでの分析ができたわけじゃなくて、インターンやそのほかを通して、いろんな人に会って「あなたは〜だね」って言ってもらえる機会が多くあり、「ああ、言われてみれば...」と過去を振り返ると「自分って〜なんだ」って気づくわけです。

 

さて、これからですが。

勉学に集中しつつ、将来の準備もしようと思っています。

かつ、最後の一年は悔いが残らないよう、やりたいことはやるようにしようと思っていて、興味あるイベントには出るようにしようと思います。

さきほど、さっそくスタートアップ系のイベントに応募したら、次インタビューあるよってメールが来て、一気に不安になりました。英語のインタビューは苦手です...笑

 

1年ぶりの帰国

どうも。

6月12日に日本に帰国し、今日は成績の開示を怯えながら実家の大阪で待っています。(

書いているうちに結果が出ました。なんとか留年も追試もなしです。いえい!)

 

1年ぶりの帰国です。

春はインターンシップ・キャリアフォーラムで帰れず、冬は恒例のイギリスでの寂しいクリスマス(チケット高いし、テスト前)でした。

いや、冬は正月にロイヤルバレエ観に行けたのでよかったですよ!(今更感

 

今年の夏は、イギリスと言えばの、ウィンブルドン観に行きたかったのですが、始まる前に帰国。来年こそは...ですね。

で、ウィンブルドン諦めて何してんのかっていうと...

キャリアフォーラムなどの合同説明会に行ったのと、インターンの選考を受けていたのが主です。ついでにOB訪問的なことも。

あとは、日本食堪能したり、免許更新(正確には期限切れだったので再交付手続き)したり、です。

ほんとは本読んだり、プログラミング進めたり、TOIECの勉強も...と考えてたのですが、無理ですね。いかんせん、マルチタスクが苦手です。

しかし、TOEICの受験申し込みをしてしまったので、受けるからには勉強しなきゃいけませんね。頑張ります。

 

有益な情報は特にないんですが、就活についてちょっとだけメモっておこうと思います。

就活イベント

4月

BALJOB LONDON

→メインは17年卒・18年3月卒だが、18年6・9月卒の選考あり

 London Career Forum (London CFN)

→メインは17年卒・18年3月卒だが、18年6・9月卒の選考あり

ビジネス・パラダイムさんで商社・外資メーカー等の選考会@ロンドン

→基本的に17年も18年も選考している

5月

BALJOB, London CFN出展企業の選考の続きなど@ロンドン

6月

マイナビ国際派@大阪

→基本的には18年3月卒だが、関西の中小企業は18年6月卒の選考も受け付けてくれる

マイナビ国際派@東京

→ほぼ18年3月卒のみ

東京サマーキャリアフォーラム

→基本的に18年3月卒のみだが、一部の外資ベンチャーなどは6月卒の選考をしてくれる(あんまり上場企業は選考してくれない印象を持った)

企業(主にベンチャー)単独の説明会(Goodfind経由)

→企業によっては卒業の時期が3月以降でも選考をしてくれるところもあるみたいだが、基本的に18年3月卒が対象

マイナビとサマーキャリアフォーラムは、その場で面接してくれるところもあれば、オフィスの訪問(説明会&面接)必須のところもある

ベンチャーだと、インターンシップのチャンスもあったりする

 

あとは、リクナビマイナビ、CFNなどのスカウト機能で声をかけてくれて、選考をしてくれる企業があったり、海外大生向けに独自に選考を始めている外資などがあったりします。

秋のボスキャリは、行こうか悩みどころ(コンサル・金融業界を目指すならアリですよねぇ)。

 

今のところ特にオファーはなく、ゆるゆるとやってます。選考はどうしてもストレスが溜まるので、東京キャリアフォーラムのあとは一切応募してません。

 

インターンもいろいろ応募してたのですが、マイナビ国際派@東京でインターンのお誘いをもらい、今日確定しました。

ソーシャルビジネスとFintechとIoTが絡んだ、なんかかっこいい感じのベンチャーです。笑

どんなインターンができるのか今からとっても楽しみです!

それから、もう一個8月に短期の1週間のインターンがあり、それはTOP CAREER経由で応募しました。TOP CAREERのリクルーターさんがとてもサポーティブな人でその案件のみならず、インターン探し全般でいろいろ助けてくださいました。

あと、インターンで19卒と書いてあるところが多々あるかと思いますが、18年6月卒でもとにかく応募すれば、選考を受け付けてくれるところが多かったです。

ただし、大手外銀、投資銀行あたりは、ほんとの19年3月〜卒しか受け付けてなかったです。それもプレエントリーしてみないとわからなかったのですが...

 

こんな感じですが、なんていうか、どれもやってみないと、聞いてみないとわからないことって多いですね。

あと、通年採用・秋採用を探すのがなかなか大変なのですが、そういうときこそ、人材会社の人に話しかけて、情報を得るのは結構ありだと思いました。

人材会社の例としては、合同説明会の主催企業や、ビジネスパラダイムやTOP CAREERみたいなところ。誰か特定の人と仲良くなれるのが一番だと思います。

海外大生対象にしているところは、かなり律儀にお返事してくれる人が多い印象。本当に情報が少ない海外大生にとってはありがたい。泣

採用情報に限らず、いろんなことで頼らせてもらってます。

 

まぁ、そんなこんなで、私はとりあえず、TOEICの勉強するために問題手に入れなければ...